Glim Spankyはロックの救世主?松尾レミは古くて下手 ?

HeavyMetal/HardRock

 

21世紀の日本に登場したクラシックロックバンド、

グリムスパンキー

方向性は60~70年の洋楽ロックバンド系です。

ディープパープルレッドツェッペリンが好きな人なら、気にいるバンドだと思います。

 

スズキのワゴンRのCM

映画版ワンピースの主題歌に曲を使われています。

 

ワンピースの主題歌の『怒りをくれよ』は、

このアルバムの二曲目に使われています。

 

グリムスパンキー

 

メンバーのファッションはサイケ風で、

年寄りにも聴きやすい音楽を演奏します。

それでもって若い人にも人気がある。

洋楽が好きな人も気にいるようなバンドです。

 

グリムスパンキーの特徴はレトロさです。

そのレトロさが、賛否両論を巻き起こします。

 

長野県から出てきたこのバンドの方向性は独特です。

ちなみにハマ・オカモトと(ダウンタウン浜田の息子)

と一緒に活動もしているらしいですね。

 

日本語ロック

 

このバンドの曲は日本語がほとんどです。

現代では英語を使うバンドも多いですが、

日本語を使ってロックをするというのが、

グリムスパンキーの信念だそうです。

 

音楽と国境について

 

一応、音楽には洋楽邦楽といったカテゴリーがあります。

しかし私としましては、純粋な音楽に国境はないと思います。

たとえ日本語や英語といった違いがあったとしても。

音楽は全世界で通じる言葉のようなものです。

 

ただし、文化や地域によって音楽の方向性は変わると思います。

グリムスパンキーはどちらかというと、

洋楽の影響を大きく受けています。

 

きっと、彼らの音楽は質が良いので、

日本だけでなく世界中で愛されるバンドだと思います。

日本の音楽とブルースのニュアンスの違い・国境をこえるブルース

 

ファン層 年代

 

グリム・スパンキーは昭和世代に受け入れやすい。

 

このバンドのファンを公言している芸能人はおじさんばかり。

例えば、ワンピースの尾田栄一郎、いとうせいこう

みうらじゅんリリー・ フランキー。

みんなおじさんです…

 

ただし、若い世代のファンもいますよ!💦

 

 松尾レミ

 

松尾レミは現代によみがえったジャニスと呼ばれる。

特徴的なダミ声で歪んだ音です。

この声を下手で嫌いと評価する人がいる。

 

私はそんな評価に対してこう思います。

ロックダミ声歪んだ音を出す音楽なのです。

エレキギターは汚い音を出す楽器なのです。

ギターの音をより汚い音にさせるのが、

ロックの始まりでした。

 

まともなスピーカーを壊して歪んだ音にしたのが、

ギターロックです。

ダミ声ギターロックはとても相性がいいのです。

松尾レミとギターロックはとても相性がいいのです。

 

亀本寛貴

 

リードギタリストは亀本寛貴

彼の使っている機材は、

ギブソンレスポールファズです。

 

ときどき亀本さんはフェンダーのギターも使います。

ですが、トレードマークはギブソンです。

↑ギブソンのギター

↑フェンダーのギター

 

私はギブソンのギターが大好きです。

私は少年心をくすぐられるようなものが好きです。

https://yorunosizima.com/?p=1522

 

レトロブーム

 

バンド最大の特徴は古さです。

これは長所であり短所でもあります。

 

最近はレトロブームが到来していますね。

古いフィルムカメラに似た一眼レフが発売されている。

 

若い世代には、古いものが新鮮なものに感じられることがあります。

 

音楽の力

 

グリムススパンキーの世界観は非日常的です。

人はいろんな理由で音楽を聞きますが、

私はグリムスパンキーの音楽を聴くと、

非日常を感じられて気分転換ができます。

 

疲れた日々にうんざりしたとき、

異世界へ連れていってくれるバンドが好きです。

Aの思い出・売れない優れたボーカル

 

グリムというのは幻想という意味だそうです。

私はこのバンドが好きです。

 

【口内洗浄機】電動歯ブラシに続きドルツ・ジェットウォッシャーを購入・レビュー

【歴史散策】寂れた神社の昔の姿に思いを馳せる

https://yorunosizima.com/?p=1531


コメント

タイトルとURLをコピーしました